2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八尾町大杉「子育ての家」

今日はJIO(日本住宅保証検査機構)の躯体検査でした。

k19 011

耐力壁、構造補強金物の位置や施工状況
2次防水である防風透湿シートと防水テープの施工状況
などを検査して頂きました。

もちろん、バッチリ合格でした。

また、今日はお天気も良く「若」の手元で
防風透湿シート張りの手伝いをしました。
k19 012
ふ~ 久々の現場作業だったので、あたしゃ疲れ申した。・・・(笑)

おっと、ここでもCOOの施工への気遣いを何点か紹介しておきましょう。

k19 008  k19 007  k19 016

土台水切、サッシ、屋根水切を取り付けてから防風透湿シートを張ります。

実は地元の多くのハウスメーカーはCOOとは逆に防風透湿シートを張ってから
サッシや水切を取り付け、その上から防水テープを張っています。
万が一水が侵入した場合どっちが正解だと思われますか?

百歩譲って防風透湿シートとサッシや水切の油分や埃を除去してから
防水テープを張るっていうんなら大目に見ますが、それでも早く外装材を張らないと
雨や熱(紫外線)でテープがはがれてきます。

これは下屋の取り合い部分です。
k19 013
こう言った個所から雨漏りする可能性が大きいので念のため
建て方時に防水シートを先張りしてから下屋を施工するようにしています。

高さのある屋根水切
k19 014
今回の家は下屋の屋根勾配が1寸勾配と緩く
母屋が方流れ屋根で水上側とケラバ側は
外装材が雪解け水を小口から吸い上げ腐食する恐れがあるので
こう言った施工にしています。

パラペット屋根の内側や屋根煙突の外装材が十年もしないうちから
腐っているのを何十件も見てきたので!
(某ハウスメーカーの下請けでアフター工事をしていた時代)

とまあ、地味ではありますが住宅建築における施工レベルは
工務店は勿論の事、大手ハウスメカーなどよりレベルは高いです。

たぶん、きっと、いや絶対!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whd01.blog17.fc2.com/tb.php/298-5cf96e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

COO-W

Author:COO-W
名称:空ホームデザイン株式会社
住所:〒939-2745 
富山県富山市婦中町広田4271

美しい佇まいの家を!
富山市婦中町・八尾町を拠点に、心地良く・楽しい住空間をつくる、建築設計事務所&工務店のブログです。

カテゴリ

プロフィール (1)
コンセプト (1)
施工事例 (1)
お問い合わせ (1)
家づくりの流れ (1)
予算について(資金計画) (1)
保証・アフターメンテナンス・定期点検 (1)
i-works project (伊礼 智) (10)
工務店学舎 (3)
お仕事 (128)
富山市O邸リフォーム工事 (4)
八尾町町家A仕事場リフォーム工事 (4)
八尾町町家I邸リフォーム工事 (3)
砺波市H邸新築工事 (19)
八尾町町家T邸新築工事 (18)
八尾町町家A邸新築工事 (20)
S邸リノベーション工事(RC造) (6)
八尾町町家W邸リノベーション工事 (16)
八尾町町家S邸リノベーション工事 (8)
日常 (99)
スネーク&ホースとボニー&スポルト (8)
その他 (227)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。